日時計の丘

小さなギャラリー、小さなホール、小さな図書館

クリックでフルサイズのイメージを表示する

路地裏のユーモア(プラハ)

普通プラハ城に行くには、旧市街から有名なカレル橋を渡ってそれに続く坂を上がっていくのだが、今回は一つ上流の西の橋を渡って北側の方からこっそりプラハ城に行こうとしたら道に迷い、路地裏に入り込んでしまった。そこで上を見たら写真のように人間がぶら下がっていた。見たこともない奇妙な光景だった。そこを上がった表通りは観光客が行き交い華やかに美しい町並みになるのだが、ここは全くそれと反対に狭く淋しい裏小路だった。城や大聖堂の地区でも、一つ裏に入ればこのようなひっそりとした庶民が住む場所がまだ残されているのが、プラハの奥深いところなのだと、思った。その路地裏に仕掛けられたブラックユーモアもここまで来れば一流だ。こんなところも古都プラハの魅力なのだろう。

IMGP0433~0.jpg IMG_0038.jpg IMGP1152.jpg IMG_0036~0.jpg Tu20Shu20Shi20-1~0.jpg
このファイルを評価する (未投票)